HOME > 常住事務所ブログ > 資金調達

常住事務所ブログ
Blog

資金調達

「融資を受けたいけれど、借りられない」そんな悩みをお持ちの社長様も多いことと思われます。

金融機関は、お金を貸すのが仕事であるはずです。金融機関の担当者も貸したいと思っています。

融資をしなければ自分の成績が上がらないからです。

でも、貸さないのはなぜでしょうか。

それは「安心して貸せるところがない」と感じているからです。

であれば、私たちがするべきことは明確です。融資にあたって金融機関に「安心してもらえばいい」からです。「安心してもらう」には、多額の利益を上げているとか、大会社であるとかといったことは必要ありません。

「きちんと利益を上げている」、「この先の見通しをしっかり描けている」、そうしたことが金融機関に伝わり、「ここに貸しても問題なく回収できる」とわかれば、融資の審査が下りるのです。

つまり、金融機関からお金を借りたければ、会社の成績表である財務諸表や決算書を強くし、融資のポイントをきちんと押さえたうえで、融資交渉に臨む必要があります。

会計に精通した税理士は、どのように会社の財務内容を改善すれば、融資の審査が下りるかを熟知しています。

また金融機関と独自のコネクションを持っているところもあります。税理士は、金融機関にとって重要な「安心材料」の1つなのです。

融資でお困りな社長様、個人事業主の方お気軽にご相談下さい。

税理士・行政書士常住事務所

TEL 03-3905-6981
メールは、こちらから

 

融資、資金調達、税理士、行政書士

 


コメントを残す


− 六 = 2


pagetop