HOME > 常住事務所ブログ > 国税クレジット納付

常住事務所ブログ
Blog

国税クレジット納付


常住事務所の関根です。

現在、税金はクレジットカードで支払うことができるようになっています。2017年1月からクレジット払いできる税目も増えております。

クレジット払いできる税目としては、申告所得税及び復興特別所得税、消費税及び地方諸費税、法人税相続税、贈与税、自動車税、固定資産税 等があります。

クレジットカード決済のメリットとデメリットをご案内いたします。

 

<メリット>

・税金の納付時期を先延ばしにすることができることになります。

すなわち、税金の納期限までにクレジット決済をすれば、支払の猶予が生じることになります。

・クレジットカードで税金を納付することで、ポイントがつきます。

 

<デメリット>

・クレジット決済すると手数料が発生します。

1円~10,000まで  82円(税込)

10,001円~20,000まで 164円(税込)

20,001円~30,000まで 246円(税込)

30,001円~40,000まで 410円(税込)

以降、10,000円を超えるごとに決済手数料82円が加算されます。

 

 

先日、関与先で税金の納付をクレジットカード決済で行いました。

今回使用したクレジットカード会社のポイントは、200円で1ポイントでした。

例えば、1,000,000円の税金を納付する場合

ポイント :5,000ポイント

決済手数料:8,208円

よって、3,208円支払額が多くなってしまいますが、支払いを先延ばしにできることになります。

 

詳細は、「国税クレジットカードお支払いサイト」をご覧下さい。

https://kokuzei.noufu.jp/jpn/

 


コメントを残す


二 + = 3


pagetop