HOME > 常住事務所ブログ

常住事務所ブログ
Blog

経営支援セミナー2015

   今年も当事務所では経営支援セミナーを開催させていただく運びとなりました。今回のセミナーは二部構成となっています。
   まず第一部では、来年1月から始まるマイナンバー制度に向けた「マイナンバー制度実務対応講座」を開催いたします。本年10月からいよいよマイナンバー及び法人番号が通知されることから、『制度開始前までに準備すべきこと』をテーマとし、実務への影響と対応についてご説明いたします。
   そして第二部では、社会で多様な人々と関わっていくために必要なコミュニケーション能力の向上に重点を置いた「コミュニケーションスキルアップ講座」を開催いたします。
   中小企業を取り巻く経済環境は未だ厳しい状況が続いており、また、社会の複雑化に伴い、一律の答えのないビジネス遂行を余儀なくされる時代となっております。
   この厳しい経済環境において、企業が存続・発展するためには、経営改善・経営革新が重要となるのはもちろんのこと、経営者、社員一人一人が、物事に対して何らかの尺度や手法を持ち、業務に取り組むことが益々重要となってきます。本講座において、自己表現と対人関係の2つの側面からコミュニケーション能力を養い、組織の活性化や生産性の向上、ひいては顧客との関係構築に繋がるよう、講座を通じてサポートして参りたいと考えております。コミュニケーション能力は、営業面においては大変重要なスキルといえます。また、会社内部においても、日々の意思疎通を良くすることが、業務の無駄を省き、適切かつ効率的な業務遂行につながります。
   第二部の講師である伊藤浩先生は、行政書士会においてADR技法を修得している第一人者の方です。ADRとは裁判外紛争解決手続のことで、東京都行政書士会は法務省から認証を得ています。そこで用いられる調停技法は、“対話促進型紛争解決手法”です。この技法を修得することにより、コミュニケーション能力はアップするといえます。本講座は、講義形式ではなく、この技法を体感していただくために参加型のプログラムを用意しています。
   経営者及び社員の皆様には、是非ご出席をいただき、どのような環境変化にも対応できる強い会社づくりにご活用いただきたく、ご案内申し上げます。皆様お誘いあわせの上、是非ご参加ください。
   本講座はどなたでもご参加いただけますので、貴社の取引先等で本講座にご興味のある方がいらっしゃいましたら、どうぞお声がけいただき、ご一緒にご参加いただけますよう重ねてお願い申し上げます。

 
 

【開催要項】

 

1.日 時  平成27年10月14日(水)

                     開 場 15:30

                     第一部 16:00~17:00 マイナンバー制度実務対応講座

                                                                   『制度開始前までに準備すべきこと』

                     第二部 17:15~19:15 コミュニケーションスキルアップ講座

 

講座終了後、同会場にて懇親会(19:30~20:45)を開催いたします。懇親会では、ビジネス交流会を予定しております。名刺をたくさんご持参いただけますようお願い申し上げます。
また、懇親会では、カンツォーネ歌手大瀧賢一郎ミニコンサート、春風亭柳橋師匠による落語を予定しております。

 
 

1.会 場  TKC城北東京会 2F研修室(別紙 案内図参照)
                     (ろうきんが1Fに入っているビルです)
                     東京都豊島区東池袋1-33-8
                     TEL 03-3971-5930

 

1.講 師  第一部 行政書士・税理士 常住事務所 職員

                     第二部 行政書士 伊藤 浩 様

                                     日本行政書士会連合会 専務理事
                                     東京都行政書士会 企画開発部長・
                                     行政書士ADRセンター東京 前センター長
                                     東京都行政書士会 台東支部長

 

1.会 費  セミナー : 無料
                     懇親会  : 4,000円

 
 
 

お申込はこちらからお願いします。

資金調達

「融資を受けたいけれど、借りられない」そんな悩みをお持ちの社長様も多いことと思われます。

金融機関は、お金を貸すのが仕事であるはずです。金融機関の担当者も貸したいと思っています。

融資をしなければ自分の成績が上がらないからです。

でも、貸さないのはなぜでしょうか。

それは「安心して貸せるところがない」と感じているからです。

であれば、私たちがするべきことは明確です。融資にあたって金融機関に「安心してもらえばいい」からです。「安心してもらう」には、多額の利益を上げているとか、大会社であるとかといったことは必要ありません。

「きちんと利益を上げている」、「この先の見通しをしっかり描けている」、そうしたことが金融機関に伝わり、「ここに貸しても問題なく回収できる」とわかれば、融資の審査が下りるのです。

つまり、金融機関からお金を借りたければ、会社の成績表である財務諸表や決算書を強くし、融資のポイントをきちんと押さえたうえで、融資交渉に臨む必要があります。

会計に精通した税理士は、どのように会社の財務内容を改善すれば、融資の審査が下りるかを熟知しています。

また金融機関と独自のコネクションを持っているところもあります。税理士は、金融機関にとって重要な「安心材料」の1つなのです。

融資でお困りな社長様、個人事業主の方お気軽にご相談下さい。

税理士・行政書士常住事務所

TEL 03-3905-6981
メールは、こちらから

 

融資、資金調達、税理士、行政書士

 

経営支援セミナーのお知らせ


テ ー マ     「金融機関からの信用が高まる業績の伝え方のルール

                -“決算書”と“社長の言葉”で自社を語ろう!-」

 

 平成25年3月31日に中小企業金融円滑化法が終了します。これにより、金融機関の会社への対応が変わる可能性があります。
 そこで、今、この時期に経営者の皆様に知っておいていただきたい点、またこの時期から対応しておくべき点を説明致したく存じます。当事務所代表の常住は信用保証協会出身であり、また今まで様々な金融機関と対応してきました当事務所としましては、昨今の状況を分析した結果、これからの6ヶ月は金融機関への対応にとって重要な時期と見定めました。
 このような状況下であるからこそ、緊急ではございますが、当事務所主催の経営支援セミナーを下記のとおり開催することに致しました。皆様お誘い合わせの上、是非ご参加下さい。
 また、御社の取引先等で本テーマにご興味のある方がいらっしゃいましたら、どうぞお声がけいただき、ご一緒にご参加いただけますよう重ねてお願い申し上げます。

 

1.講   師   税理士・行政書士 常住 豊 他 常住事務所職員

 

          日本政策金融公庫 板橋支店 国民生活事業

          融資課長 蛭田健一様(中小企業診断士)

 

1.日   時   平成24年11月13日(火)

          開場 17時30分

          開会 18時00分(終了予定19時45分)

 

1.会   場   TKC城北東京会 2F研修室(別紙 案内図参照)

         (ろうきんが1Fに入っているビルです)

          東京都豊島区東池袋1-33-8

          TEL 03-3971-5930

          セミナー終了後、同会場にて懇親会を開催致します。懇親会では、ビジネス交

         流会を予定しております。名刺をたくさんご持参いただけますようお願い申し上げ

         ます。

          こちらが案内図です。

 

1.会   費   セミナー  無   料

          懇親会     4,000円

 

  1.  お申込はこちらからお願いします。

pagetop